ハンブレッダーズ

プロフィール

ムツムロ アキラ(Vo, G / 写真中央)、でらし(B, Cho / 写真右)、木島(Dr / 写真左)による大阪在住の3人組ロックバンド。“ネバーエンディング思春期”を掲げ、甘酸っぱくも芯の通った歌詞と胸に響くメロディ、盤石のバンドアンサンブルで、日本のロックシーンにおいてめきめきと頭角を現している。
2017年よりさまざまなオーディションや音楽フェスで耳目を集め、2018年1月に初の全国流通盤として1stアルバム「純異性交遊」を発表。同年3月に初ワンマンライブを地元・大阪で開催。11月に早くも2ndアルバム「イマジナリー・ノンフィクション」を発売し、その後行ったレコ発東名阪対バンツアーは全会場ソールドアウトに。2019年には初の全国ワンマンツアー、東名阪クアトロ対バンツアーを全会場ソールドアウトさせたほか、「ROCK IN JAPAN FES. 2019」「RADIO CRAZY 2019」「COUNTDOWN JAPAN 19/20」といった日本屈指の大型ロックフェスに次々と初出演し、大勢のリスナーの心を掴んだ。
2020年2月、1stフルアルバム「ユースレスマシン」でトイズファクトリーよりメジャーデビュー。タイトル曲「ユースレスマシン」は2月26日発表の全国ラジオオンエアチャートで第1位にランクインした。

RECOMMEND ARTIST

はじめてハンブレッダーズの楽曲を聞いた時、『誰の曲?』とデスクのCDラジカセで聞いていたスタッフについつい、食い付いて聞いてしまった。
キャッチーなメロディーと、特に歌詞の言葉選びのセンスは、ラジオ制作をしている側としては、うらやましく、悔しくもある。
ハンブレッダーズというバンド名の由来は、名前を決める会議中にどんどん「判断基準がブレてきた」ことから、“ハン“と”ブレ“のを繋ぎ合わせハンブレッダーズとのこと。本当に?

曲は一切ブレてない!

最新曲の『ライブハウスで会おうぜ』 はコロナ禍の今、多くの人に響く楽曲で光を見せてくれる。ROCKYOU!スタッフはもちろん、リスナーも絶対に好きなバンド。
今楽曲を聴いて、いつか絶対行われる、ライブで盛り上がる準備をしておいてほしい!

FM AICHI Rock you! セレクト

MUSIC VIDEO

ライブハウスで会おうぜ
ユースレスマシン
銀河高速
DAY DREAM BEAT
弱者の為の騒音を
CRYING BABY
フェイクファー

SPECIAL INTERVIEW

邦楽/洋楽ロックの最新情報を配信するWEB&FREEMAGAZINE“Skream”で

ハンブレッダーズの 特別インタビュー公開中! skream!のインタビュー記事はこちら ハートアップ限定

ハンブレッダーズ徹底解剖を11月15日まで限定公開!

ハンブレッダーズ特別インタビュー前編
ハンブレッダーズ特別インタビュー後編
×