ハートアップの
取り組み

  • あなたと同じ目線でみる。
  • あなたと同じ目線できく。
  • あなたと同じ目線でこたえる。

目に、こころ。

いつでもどこでも、
コンタクトレンズの買える時代。
だからこそ、より一層 目の健康を守ることが
必要と考えています。

私たちは安心して普段の生活が充実するように
みなさまに届けていることがあります。

ていねいに見る、見つめる 「みる」
しっかり聞き取る、耳を傾ける 「きく」
的確に答える、力になる 「こたえる」

こころを込めた対話から
目の健康を守り、目を大切にする社会を
支えていきます。

「あなたと同じ目線で寄り添いたい。」
お客さまに見えるヨロコビを提供している私たちが
大切にしている姿勢です。

安全・便利・快適な
購入スタイルを実現する
EYEデータ管理システム

いつでもどこでも、お客さまに見えるヨロコビを。
その想いから、眼科医療機関発行のコンタクトレンズ指示書(処方箋など)をもとに、お客さまのEYEデータを登録・集中管理するシステム、「Eye-Data Network System(EDNS)」を開発。
EDNSを利用することで、待ち時間なく購入できるクイック購入やオンラインショップでの購入が可能となり、利便性と安全性の両立を実現しています。

EDNS 説明図 ピンチで拡大表示

お客さまの
瞳の安全を守るための
品質管理システム

品質は商品の命であり、お客さまの安全を守るのは私たちの使命です。
高度管理医療機器であるコンタクトレンズの安全性を完全管理するシステムとして、コンタクトレンズ小売業初の「トレーサビリティシステム」を導入。
メーカー製造時点から商品の仕入れを経てお客さまのお手元に届くまでの完全な履歴情報を管理することができ、万が一不具合製品が発生した際も、該当製品をいつ、どこで、誰が購入されたのかを個別に特定することができるため、限りなく迅速で確実な対策を講じることができます。

トレーサビリティシステム 説明図 ピンチで拡大表示

SDGsへの取り組み
ブリスター(空ケース)を回収し、
資源としてリサイクルをする

コンタクトレンズメーカー株式会社シードによる、使い捨てコンタクトレンズの空ケース回収プロジェクトにハートアップは賛同企業として参加しています。

BLUE SEED PROJECT ~海に愛(Eye)を~

お客様にお持ちいただいたブリスターはヴェオリア・ジャパン株式会社に有価物として販売し、需要が高まっている物流のプラスチックパレットに生まれ変わります。
プラスチックパレットは破損しても再度パレットにリサイクルされます。

また、回収による収益は、「美しい海をこどもたちへ」をモットーに海洋ごみ問題解決に向けて活動している一般社団法人JEANに全額寄付され、さらなる環境改善につながります。

お客様に
安心してお店をご利用
いただくために

ハートアップは、お客様ならびに従業員の健康と安全を最優先に考え、感染症の拡大防止に努めてまいります。

ハートアップ店舗の感染症防止のための安全対策

当サイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを利用します。 クッキーの利用用途は個人情報保護の基本方針をご覧ください。 ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。 詳しくはクッキーポリシーをご覧ください。